FC2ブログ

記事一覧

飛び物。

本日2回目の投稿になります。

今回は先日撮影したヤマセミです。
いつもの男の子は挨拶程度に留まってくれましたが
直ぐに飛び去りました。
女の子も見えるところに留まっていましたし、なんか様子がおかしいとは思いましたがこの日は縄張り内に侵入者がいました。いつもの胸赤君です。
喧嘩まではいきませんでしたが春が近づいているのを感じます。

写真は全てトリミング後にリサイズしてあります。




男の子を追いかけて飛び去る女の子です。



ここから4枚は連続写真です。テントの真横を通過しますので私のスキルでは撮影はとても難しいのです。5年目で初めて満足できる写真が撮れました。
ちなみに被写体は侵入者君です。



最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

素晴らしい…。

こんばんは!

せまいブラインドの中での
飛びものはかなり難易度高いです。
ましてや目の前通過は
レンズもうまく振れず
なかなか撮れません。

それを見事に追従されていて
素晴らしいです。
(#^.^#)

見応えありました。
^ ^

Re: 素晴らしい…。

torimingooさん.おはようございます。
いつもお世話になっております。

やっと、やっと自分で納得できる飛翔写真が撮れました。
以前より目の前を通過するヤマセミを見て、これを撮影できないものかと挑戦はしていましたが失敗ばかりでした。
テントの真横に来るところを狙ってギリギリまで引きつけてレリーズしました。
あとはカメラの性能に助けられました。本当素晴らしいAFだと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

No title

こんにちは。

石の上にも三年。テントの中にも5年と言った感じでしょうか。

最新鋭の機材の恩恵とは言え、自分が追い求めた写真を撮れたという事は大きな成果ですね。

nao42sさんの気持ちがあっての写真ではありますが、こうしたチャンスを出会いの頃から与え続けてくれているヤマセミと大自然。感謝の念に堪えませんね。

もしかするとnao42sさんとは出会わないスパンでその場所を訪れている方もいるかも知れません。
もしそういう方がいるとしたら、nao42sさんと同様にフィールド、ヤマセミとの関係を大切にされてるのだと感じます。

素晴らしい環境。大切になさって下さい。
私はこうしてその環境の一部を垣間見させて頂けるだけでお腹いっぱいです。

でも久しぶりにあの甲高いドキドキする声に胸を躍らせてみたいなとも思ってしまいました。

別次元の写真です

nao42sさん、こんばんは。

毎回UPされるたびに拝見しておりますが自分とは別次元の写真で、
いつもシュンとしてしまい読み逃げばっかりです。

たぶん、私のほうが野鳥撮影歴もだいぶ長いと思うのですが、こんな
写真は未だかつて撮ったことがありません。

まず、この場面までレリーズせずに待っていられませんから絶対に
撮れません。

写真撮影にもご自分の目標がちゃんとあるのですね。感服しております。

Re: No title

no nameさん、おはようございます。
いつもコメントを頂きまして、ありがとうございます。

鳥見を始めた時から分け隔て無く付き合ってくれているこの子には本当に感謝しています。機材や経験など関係無く向き合ってくれましたから凄く助けられました。

あの場所の環境は観察する、しないに関わらず出来る限り調べましたので
他の観察者の事もほぼ把握できていると思っています。言いたいことややりたい事沢山有りますが何一つできないでいます。それはいずれお話し出来る時がくると思っています。
私自身に出来る事、ヤマセミはもとより他の方の迷惑にならないように細心の注意を払っているつもりです。
やはり観察頻度が大切という結論を自分なりに出しています。

ヤマセミがいなければ何でも無い場所ですが、いざ彼等が飛んできて鳴き交わしが始まると雰囲気が一変します。あの瞬間は何度経験しても興奮します。

これからもよろしくお願いいたします。

Re: Re: 別次元の写真です

> likebirds夫妻さん、おはようございます。
> いつも気にかけて頂きありがとうございます。
>
> いきなり褒めすぎです。
> 写真のできに関しては、私の写真などお二人のどんな瞬間も逃がさない活き活きとした写真とは比べものになりません。強いて言わせて貰いますと私のはただ写っているだけです。
> ただ私はまだカメラを始めて5年程度なのでそこはあまり気にしていませんが…
>
> レリーズを我慢する事はミサゴ撮影でお世話になっている先輩に教わりました。「そんな早くからシャッター押したら肝心なところ写らない」と。
> 試してみるとまさに目から鱗でした。それまでは闇雲に連写していましたが確かにちゃんと写っているのは僅かな事が多かったです。
> それ以来AFがシャッターを押すたびに少しづつ被写体から離れていくイメージでシャッターを押しています。
> 私の目標はlikebirds夫妻さん始め参考にさせてもらっている方々のような見る人も撮る人も楽しいと思える写真を撮る事です。まだまだですが頑張ります。
>
> これからもよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント