FC2ブログ

記事一覧

コチョウゲンボウ

今回はコミミズクに逢いに行った場所で出会ったコチョウゲンボウです。
今まで偶然撮影した事は有りましたが今回は現れた瞬間コチョウゲンボウだと認識して撮影しましたので事実上の初撮りです。
物凄いスピードで飛んでいましたので撮影した写真はどれもピンが甘めでした。
1時間の間に3度現れ最後は小鳥の群れに突っ込む所も見せてくれました。

写真は全てトリミング後リサイズしてあります。



他にもチョウゲンボウも上空を通過しました。



最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

No title

 コチョウゲンは雌と言えども雰囲気が有りますね。
下方に居る小鳥にロック・オンしている画は
素晴らしいです。

Re: No title

ramblinさん、おはようございます。
いつもコメントを頂きましてありがとうございます。

はい。雪原を颯爽と飛ぶ姿には独特のオーラが漂っていました。
草や枝を縫うように飛んでいましたので撮影は困難でしたがカメラに助けてもらいました。

小鳥の狩は失敗に終わりましたが案外諦めがよく余分な体力は使わないのだと感心しました。

これからもよろしくお願い致します。

よく…。

おはようございます!

あの早いスピードの子を
よく捉える事が出来ましたね。
(#^.^#)

しかもバッチリ撮られていて
見応えありました^ ^

コミミも良いですが
この子が撮れたのは
大成果ですね(#^.^#)

Re: よく…。

torimingooさん、おはようございます。
いつもコメントを頂きましてありがとうございます。

本当カメラ様々です。
肉眼でも追えないスピードで飛んでいました。

今でも信じられませんが最初の登場は現地に到着し露出チェックをしようとファインダーを覗いた瞬間にコチョウゲンボウが飛び込んできたんです。
この日の私は持っていたようですね😊

またお願い致します。

No title

綺麗なコチョウゲンですね。
知っていれば、飛翔のそれで真っ先にコチョウゲンだと脳裏に浮かぶ。そんな猛禽ですね。

nao42sさんは、確か野鳥を物凄く美しく撮る事に拘っているような記事を見たような?気がしてます。無論、撮り手の意思がそこにあるのならそれが全てではありますが…。

老婆心ながら。。例えば、ノイジーな写真でもピンの甘い写真でもガチピンの超解像写真なんかより美しく感動する画になる事が多々あります。
それを狙って撮るのは物凄くセンスや経験が必要ですが、それこそ写真の奥深さと思っております。

nao42sさんは写真をプリントまでされてますか?もしされていないのなら、プリントまでされると世界観は変わるかも知れません。

あ、それとヤマセミの場所へお昼くらいに行くとのコメント読ませて貰いました。見る景色は一変しましたでしょうか?そこで何を感じ、何が不変で何が変わったか。十二分に感じられた事でしょう。一つ言える事はそこのヤマセミに気を許して貰えてる存在になれてると言う事ですね。

相手は野生のものですから、あまり人間に警戒心を解いて貰っては困りますが…。。良い距離感が保てれば最高ですね。素晴らしい観察だと思います。

こちらの名前の件は申し訳ございません。オオタカみたいな輩なので…。。あなた様に対して悪意のある人間ではないのでお許し下さい。

Re: No title

NO nameさん、こんばんは。
いつもコメントを頂きましてありがとうございます。

本当に私などの為にいつもありがとうございます。恐縮しています。
私の為に書いて頂いた事真摯に受け止めたいと思います。

思った事を全て書いてしまうと物凄い長いコメントになりますので
適当では無く纏めてコメントさせて貰います。

書いて頂いた事全てがまるで私の胸の内を見透かされているような的確なコメントでした。
私自身もその事に気がついていまして少しづつですが前に進んでいるところです。
今は撮影現場での知人との交流、探鳥などがとても楽しい時で撮影した写真は自分で見てほくそ笑む、いいとこブログはじめSNSなどに投稿するくらいしか使い道が無い状況です。今はその方法がわかりませんが時間が経てばまた違う使い道が出てくると思っています。

あの子に関しては今まで通り観察頻度に気をつけて良い関係を築いていきたいと考えています。

名前の件は了解致しました。名前もわからない方にここまで面倒を見ていただき申し訳無いと思い書かせてもらいました。

これからもよろしくお願い致します。


No title

知人との交流、探鳥、、撮影が楽しい。私も同じですよ。

nao42sさんの方が、私などよりずっと上級な探鳥者でしょうし、ずっと上級な撮影者、観察者です。
お仲間の方も皆さんそういう方々なのでしょう。

写真の在り方と言ったら大それた言い方ですが、
趣味の世界ですし、基本的には他者から制約を受けるようなものではありませんから。

ただせっかくのこういう場を設けられているので、こうしたお話がしてみたかっただけなのです。

結局、私も同じ穴の狢。
頭ばかりでnao42sさんの足元にも及びませんよ。

名前は…ありがとうございます。
名前が分からないからこそ、素直に聞けたり、素直に怒れたり。存在が近すぎないからこそ、素直にお話出来たりする事も。

野鳥も人間も距離感っていうのは仲の良し悪しもありますが、重要ですね。

いずれフィールドでお会いする事もあるかも知れません。
名前は出会った時で良いかと思います。野鳥と一緒ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント